マイホームで考える新卒採用

働く目的は、人それぞれです。

必ずしも、社会に貢献したい、世のため人のために働きたいという人ばかりではないでしょう。


自分の夢をかなえるため、素敵なマイホームに住むため、高級車に乗るために働くという人もいますが、自分の夢のために働くこともすばらしいことだと思います。

新卒採用は人生で一度きりのチャンスですが、人生で一度きりといえば、マイホームの購入もそうかもしれません。

商品、サービスを売るのではなく、それによってクライアントの問題解決を行うというのがDYMの考え方です。

平均すると3000万円から4000万円という高額な買い物ですので、人生で何度もマイホームを購入する人はあまりいません。そして、マイホームを購入するときは住宅ローンを組みますが、住宅ローンはだれでも組めるものではなく、正社員でないと審査に通らない銀行もあります。また、正社員であっても中小企業で働いている人はやや不利になり、公務員や大企業勤めの人が最も有利です。



素敵なマイホームを夢見ている人は、新卒採用の時点から将来のローン審査のことを頭に入れておきましょう。
DYMでは部署間の隔たりなく社員同志の交流が盛んです。

そして、マイホームを購入するときは住宅ローンを組みますが、住宅ローンはだれでも組めるものではなく、正社員でないと審査に通らない銀行もあります。

また、正社員であっても中小企業で働いている人はやや不利になり、公務員や大企業勤めの人が最も有利です。

素敵なマイホームを夢見ている人は、新卒採用の時点から将来のローン審査のことを頭に入れておきましょう。正社員として働くなら新卒採用が最大のチャンスですし、年収を上げていくことも簡単ではないので、若いときから努力を続けていなければなりません。



また、クレジットカードやローンの支払いで延滞をすると信用が落ちるので、延滞をしないように普段から気をつけておくことも重要です。素敵なマイホームに住むためには、ただローン審査に通ることだけでなく、有利な条件でローンを組むということも重要です。

また、住宅の価格の2割から3割程度の準備資金を溜めておく必要もあります。



新卒採用の時から、そういったことを意識しておくことで、素敵なマイホームを購入できる可能性が上がります。